角島灯台公園は日本で2基しかない灯台がシンボルの公園

角島灯台公園は、角島のシンボルでもある「角島灯台」を核として整備された公園です。

角島灯台の歴史を伝える「角島灯台記念館」に展望ギャラリー、各種広場などがあります。

角島灯台

角島灯台は地上30mの高さを誇る灯台です。当時の海上交通要衝の地であったことから明治政府が建設を決定し、イギリス人技師を招き建設しました。明治9年に点灯して以来、いまだに現役で、角島付近を行き交う船の目印として活躍しています。当時の日本海側では初めての大型灯台だそうです。

角島灯台は、山口県徳山(現周南市)産の花崗岩切石(御影石)を使用しています。

 

一般の方でも灯台に登ることができ、灯台内の105段ある螺旋階段を登ると、

 

公園と角島を一望できる景色を望むことができます。

ちなみに、のぼれる灯台は全国で16基しかなく、しかも無塗装の総御影石造りの灯台は、日本に2基しかありません。日本の灯台50選にも選ばれています。

角島灯台記念館

角島灯台記念館は、角島灯台に隣接されています。元々は灯台守の休憩所だった施設で、復元され記念館として一般公開されています。

 

記念館中には、建設当時の話や角島の歴史などが紹介、展示されています。

公園内の様子

角島灯台公園には他にも、

 

キレイな花

 

ギャラリー館

 

館内には雑貨やお土産の販売をしています

 

ギャラリー館の上は展望台になっています

 

広場には休憩所もあります。

まとめ

角島灯台公園は140年以上も活躍する角島灯台の歴史を感じることができる場所です。

とてもゆっくりと時間を過ごすができます。

また、灯台踊り場からの景色は絶景です。

角島に訪れたら必ずみておきたい景色ですね。

 

角島灯台公園 基本情報

場所:〒759-5332 山口県下関市豊北町角島2343番地2
電話:083-786-0108
料金:
角島灯台公園 入園無料
角島灯台 (参観寄付金として)
大人(中学生以上) 200円 小人 無料
角島灯台参観時間:
5月~9月 9時30分~16時30分
10月~4月 9時~16時

駐車場:付近に3箇所有料駐車場あり




最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA