新しく生まれ変わった山口県周南市の徳山駅へおいでませ!

山口県の南東に位置する、周南市の中心地である徳山。この街の玄関口「徳山駅」が新しく生まれ変わりって2年が経ちました。周辺では「徳山駅前地区市街地再開発事業」が進められており、今後も注目を集めるスポットになりそうです。

 

徳山駅ってどんな駅?

徳山駅は、周南市のほぼ中央、海寄りに位置し、1897年(明治30年)に開業しました。

駅の北側には、官公庁や商店、商業ビルなどが立ち並ぶ中心街、反対の南側にはコンビナート群が広がります。

重化学工業を主要産業として発展した街の玄関口である徳山駅は、多くの人に利用され、賑わいを見せていました。

しかし、時代と共に街の活気は失われ、駅ビルや隣接する商店街には、シャッターが閉まった店舗が増え、人の姿もまばらで閑散とした雰囲気に。

そんな徳山の街に活気を取り戻すため、再開発の一環として行われたのが、駅ビルの建て替え工事です。

2015年(平成27年)7月から旧徳山駅ビルの解体工事が開始され、2018年(平成30年)に、新しい駅ビル「徳山駅前賑わい交流施設」が完成。

今後、周辺に商業施設やホテル、マンションなどの建設も計画されており、さらなる発展が期待されています。

さらに、2020年3月のダイヤ改正で、在来線の通勤・通学時間帯の便が増便されたり、新幹線の本数が増えたりと、地域住民や旅行者が、ますます便利に利用できる駅となりました。

 

新しく生まれ変わった徳山駅ビル

駅ビル内

「徳山駅前賑わい交流施設」として生まれ変わった3階建ての駅ビルは、全面ガラス張りの、近代的でスタイリッシュな外観で、図書館やカフェ、書店を併設した複合施設になっています。

 

「徳山駅前賑わい交流施設」の大きな特徴は、2階と3階に広く展開する図書館(周南市立徳山駅前図書館)です。

約6万冊の本があり、併設されたカフェ「スターバックス」で、コーヒーなどを飲みながら本を読むこともできます。

2階の東側には、子供向けの絵本などが揃っている「キッズライブラリー」があり、絵本や紙芝居の読み聞かせも開催されます。

子供用のお手洗いや授乳室、おむつ替え用のベッドなども併設されており、小さなお子様連れでも、気軽にのんびりと駅ビル内で過ごすことができるのが嬉しいポイント。

また、連絡通路で「徳山駅前賑わい交流施設」とつながっている駐車場「徳山駅西駐車場」は、1時間の利用までは無料ですので、図書館で本を借りたり、商店街でお買い物をしたりと、気軽に利用ができ便利です。

 

駅の北側(みゆき口)

駅の北側には駅前広場が整備され、小さな噴水のある、水深3センチほどの浅い池が作られました。夏場には子供たちの絶好の遊び場になり、夜のライトアップ時には、幻想的な光景も楽しめます。

 

タクシー乗り場や路線バス、高速バスの発着点となるロータリーも整備され、明るくすっきりとした雰囲気になりました。

 

駅の南側(みなと口)

徳山駅の南側にもロータリーがありますが、2020年3月半ば時点ではまだ整備の真最中でした。これからどんな姿に生まれ変わるのか楽しみです。

みなと口付近には、レンタカーショップが数件あり、仕事や旅行などで、車のレンタルをする場合にはとても便利です。

また、みなと口から徒歩4分ほどの場所には徳山港があり、臨海工業地帯を支える工業港として、また、九州の竹田津港や、大津島などへのフェリーが発着する港としても利用されています。

工場夜景を船の上から鑑賞するツアーは、この徳山港から出港します。是非参加してみてください。

関連記事↓

 

徳山駅構内

在来線と新幹線の乗り換えは、専用の通路を利用して移動でき、利便性が良くなりました。

在来線側の「みゆき口」と新幹線側の「みなと口」は、ガラス張りの明るい渡り廊下で繋がっており、この渡り廊下「徳山駅南北自由通路」は、別名「ぞうさんのさんぽみち」とも呼ばれています。

お菓子やパンなどのフード類や、ハンドメイドグッズなどの販売が行われる、「徳山あちこちマルシェ」が開催される際には、この「ぞうさんのさんぽみち」にも出店され、多くの買い物客で賑わいます。

また、駅構内にはコンビニをはじめ、定食屋さんやお土産店なども揃っています。

徳山駅限定の駅弁「幸ふく弁当」「周防のたこおどりめし」も販売されていますので、旅のお供にご賞味ください。

 

徳山駅周辺の観光・施設

徳山駅北側のロータリーから伸びる御幸通(みゆきどおり)には、大きく立派な樹木が立ち並んでいます。

クリスマスの時期に開催される「周南冬のツリーまつり ウィンターイルミネーション」では、駅前や御幸通、青空公園などがLED電球で飾られ、幻想的な空間が広がります。

また、この時期に合わせて、付近のコンビナート企業の参加による、工場の全点灯も行われ、普段よりもパワーアップした工場夜景を楽しむこともできます。

 

そして、一年中楽しめる徳山の観光名所といえば、「徳山動物園」です。

市街地の中にある「まちなか動物園」として気軽に立ち寄れる徳山動物園は、2013年(平成25年)からリニューアル工事を開始しました。

様々なアングルから動物たちを観察できるなどの工夫がされており、期間限定で行われる夜間開園も人気のイベントとなっています。

リニューアル工事は2027年の完成を目指しており、その影響で見ることができない動物も一部ありますが、その他の動物たちは観覧可能ですので、ぜひご来園ください。

その他、動物園の近くには「周南市美術博物館」「周南市文化会館」など、美術や文化に触れることのできる施設もあります。

動物園までは、徳山駅から徒歩で約25分と、歩けない距離ではありませんが、徳山駅前ロータリーから発着する「ちょい乗り100円バス」を利用すると便利です。

 

明るい水色の小型バスは、乗車賃100円で、徳山駅と動物園の間を毎時20分間隔で運行しています。ぜひご利用ください。

【ちょい乗り100円バス】
運賃:大人100円、小学生以下無料
運行時間:9:00~18:00(最終便17:40徳山駅前発)
※マイカー利用の際には、美術館前にある「パーク・アンド・ライド駐車場」がご利用いただけます。
周南市役所HP: https://www.city.shunan.lg.jp/soshiki/40/31664.html

 

まとめ

地域住民の憩いの場、旅行者へのおもてなし、そして、徳山駅周辺の活性化を目指し生まれ変わった、周南市の徳山駅。

旅の途中で下車して、コーヒーを飲みながら本に触れたり、かつての賑わいを取り戻しつつある商店街を散策したりしてみるのもおすすめです。

徳山駅周辺のホテルに滞在し、ちょっと足を伸ばして、周南市近辺の観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

基本情報

【徳山駅】
住所:
〒745-0035 山口県周南市有楽町

【周南市立徳山駅前図書館】
住所:〒745-0034 山口県周南市御幸通2丁目28番2
電話:
0834-34-0834
開館時間:
9:00~22:00
休館日:
年中無休
HP:
https://shunan.ekimae-library.jp/




最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA